\【即日カードローン.me】1位/

トップページ

「急な出費でお金がない」
「給料日までもたない」
「今すぐお金を借りたい」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に借りれる即日カードローンをご案内します。

\今すぐ借りるなら/
【即日カードローン.me】

<24時間365日申込OK!スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」「会社にバレたくない」とお考えの方へ。即日カードローン.meで紹介する会社のネット審査なら誰にも見られずに即日カードローンの申し込みOKです。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

【即日カードローン.me】お金のコラム

お金を借りたいと思った時、多くの人が誰に借りるのが一番良いのか迷ってしまいます。

基本は身寄りのある親族もしくは信頼しあっている友人などから借りるのがベターです。

しかし、頼めるような人が見つからないなどの状況にあって、一定の収入を得ている場合には銀行などから融資を受けたり、カードローンの利用などで貸付を申し込むやり方もあります。

消費者金融はかなり親近感がもてるようになりましたが、その本質に変わりありません。

消費者金融はあくまでも利子つきのお金を貸す業者であり、返済が滞ると地獄に落ちるのは以前と変わらないのです。

深く考えもしないでお金を借りるのはやめましょう。

利用する条件として、「返済しないと人生に行き詰る」ことを忘れずに使うようにしましょう。

お恥ずかしい話ですが、ご祝儀やお香典などの冠婚葬祭費がかさみ、家賃や電話代などの月末の支払いができなくなってしまいました。

必要なお金が足りない、もしくは全く無いなんてことは誰でも一度くらいはあるものです。

ピンチを脱出するには、色々考えてみましたが、一番可能性が高いのはクレジットカードでしょうか。

担保や保証人も不要な消費者金融のATMなどもありますから、とっさの需要に応えてくれるはずです。

係員がいないので変に気を遣わずに済み、時間も5分から10分ほどで手続きが完了するところもあるようです。

縁起でもないなどと言わず、いつでも最悪の事態を考えて下調べをしておくのもいいでしょう。

消費者金融会社や銀行などによるキャッシングと呼ばれるものはごく少ない額のお金の貸し付けを希望するという場合に利用できるタイプの借金です。

借金の契約を結ぶ場合、金額が大きくなってしまいますと保証人なり、担保なり、返済不能になった場合の代わりになるものが必要です。

しかしながら、ここで言うキャッシングというサービスですと面倒な手間になってしまう連帯保証人や抵当といったものを用立てておくことを必要とはしていないので利用者としては非常に便利です。

実際に本人による申込みだということがチェック出来る書類があると、大方の場合借り入れが出来る状態になるものなのです。

どれだけ頼み込まれようと、安易に連帯保証人として名前を貸してはいけません。

無下にできない場合もあると思いますが、現実には、連帯保証人になったはいいものの、主債務者が返済義務を放棄したせいで地獄のような苦しみを味わったという話もあるのです。

保証人と違い、連帯保証人は本人が借金をしたのと同等の責任を負わなければなりません。

キャッシングに申し込む時は個人で借りられますが、平気でキャッシングを繰り返すような人とは、距離を置いた方が良いと思います。

\おすすめ1位のプロミス/
【即日カードローン.me】